スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国へ行ってきました

昨年の1月から中国へ行くことを考え、ようやく行ってこれた。
旅行会社の時に何度か行ったことはあったのだが、旅行ではなく仕事という観点で見てみたかったのだ。
そのため中国語での簡単な挨拶や少しは会話も理解できるようになりたかったので、まず中国語を少し勉強した。

2013-09-20-1.jpg

幸い上海周辺に仕事で行っている友人が二人いたので、その二人に依頼し現地で中国でのビジネスについて、いろいろ話を聞くことができた。
まず南通という上海から車で2時間ほどかかる町へ行った。
空港から現地の長距離バスに乗らなければならず、不安ではあったが多少中国語も勉強しておいたので何とかたどり着いた。
高速道路で行くのだが、バスの運転は日本と比べるとかなり荒くクラクションは鳴らす、車間距離はとらない従って急ブレーキを踏む。どの車も同じように走っているので事故は多いようで途中何箇所かで事故現場に会い、かなり渋滞もした。バスに乗っている間はジェットコースターに乗っているかのようなスリリングな時間であった。

2013-09-19-2.jpg


南通の町は開発が進んでおり驚いた。市庁舎も立派なのができ市庁舎周辺を市主導で公園やらドームやらマンションなどの高層建築物がまだまだ開発中のようだ。すでに多すぎるくらいなのにまだまだ作っている。
話を聞いてみると他の地方都市も同じようにどんどん箱モノを作っているようである。
財政は大丈夫なのだろうか?
地方財政は「影の銀行」の存在が報道でも明らかになり、破綻が危ぶまれているようだ。

中国、地方債務を洗い出し「影の銀行」で膨張、全国一斉調査へ

情報筋によると、中央政府が金を持っているので現状は地方債務と中央政府が保有している現在の資金はトントンであるようだが・・・
破綻すれば第二のサブプライムローン問題となり、それは全世界に影響する。

長江(揚子江)の中洲にあるゴルフ場も行った。
長江を間近で見たが、ここで採れる魚介類を食べる気にはならない。
現地在住者も食べないとのこと。特に貝類はやめた方が良いと言われた。
空気のヨゴレも年々ひどくなり、公害がひどいようだ。ネットでも深刻な記事が出ている。

中国の河川汚染「汚水遊泳後遺症」の診断まで出るほど深刻化

急速な成長と肥大化した行政組織。
汚職がはびこるような行政組織がまともに公害問題に取り組むとは思えない。
企業も公害問題にお金をつぎ込むより、賄賂で何とかした方が安上がりと考えるだろう。

もう一つ問題に感じたのはインターネットを始めとした情報制限だ。
グーグルはまともに使えないし、Facebookもできない。
情報制限は開発、研究においては、かなりハンディとなってしまうだろう。

2013-09-21-3.jpg
【上海のリニアモーターカー】

その他にも反日感情などの問題もある。
いろいろ問題はあるが、巨大な国であり、もはやGDPも日本を抜いて世界2位である。
ゴルフ場、車などは日本よりも高い。
高くても売れるのだ。高級車が街中を多く走っている。上海などでは高級車の割合は日本より多いようにも思う。
マーケットとしての魅力はあるのではないだろうか。
実際「ユニクロ」「吉野家」「サイゼリア」様々な小売、飲食業が進出してきている。

人件費も以前より高くなったと聞くが、それでもまだ安い。
タクシーは日本の5分の1、外食も2分の1、マッサージも4分の1といった感じである。

今までとは違い、中国語が少しわかるため現地の人とも多少話すことができた。
結構、みんな道を教えてくれたり親切な感じがし親しみももてた。
日本人とわかっても、反日的な雰囲気を感じることはなかった。
(テレビでは日本軍を悪く描いたドラマが放送されていたりもしたが…)

日本のとなりにある巨大な国家「中国」
うまくつきあっていかなければならない国ではあろう。

2013-09-20-4.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mino

Author:mino

リンク
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。