スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険の手続き

今回、父の大動脈解離に伴い介護保険に関する様々な手続きを体験し、高齢の親ら親族のおられる方は知っておくと良いと思われることも多々あったので記しておきたい。
まず長期の入院、リハビリと進んだわけであるが、入院やリハビリも健康保険および病院の都合により様々な制限がある。
まず手術をするような大きな病院では長期のリハビリはやらないようである。そのためそういったリハビリ専門病院への転院を求められる。
そのための窓口となる地域連携部というものが病院には設けられている。
そちらでこちらの希望を伝えコーディネートしてもらうことになる。
ただし転院受け入れの制限があり、入院期間が2ヶ月を超えると転院も難しいようだ。
そうして転院となるわけであるが、リハビリ専門病院の方でも制限があり入院期間は3ヶ月に限られるようである。その後も介護が必要な場合は今度は病院ではなく介護施設に入ることになるようである。

父の場合はリハビリテーション病院での回復が順調に進み退院のめどがたった。ただし退院できても脳の働きが万全とはいえず歩行も補助が必要な状態だ。手すりをつけたり段差をなくしたりなどの住宅改修が必要になるだろうとの話しであった。
介護保険により住宅改修費の補助も受けられるとのこと。ただ補助を受けるには退院後に介護申請をして認定を受けなければならないとのこと。
申請から認定までには1ヶ月ほどが必要とのこと。従って退院時に住宅改修を終えて迎え入れようと思ってもそれはできない。本来であれば退院してすぐの時期が手すりなどが必要で一番危険な時期のはずである。
そのあたりにまだ介護保険制度の不十分さがあるようだ。

ただそのような場合は入院中に事前に申請をすることもできるようになっていることを知り、退院が1か月後に見込まれること、住宅を事前に改修したい旨を伝え申請することができた。
ただ本来申請後、介護認定員が来て調査を行い認定までに1ヶ月がかる。認定後に最寄りの地域包括支援センターのケアマネと打ち合わせの上、住宅改修工事に入ることとなる。従って退院には間に合わないこととなる。この場合も事前に地域包括支援センターに事情を説明して認定前にケアマネと工事業者を交え打ち合わせを行うことができた。

工事業者の方も工事前の写真撮影、申請手続きなどいろいろ煩雑な手続きが必要である。

結構手続きが多く、また事前申請についてはあまり病院からも行政からも説明はない。
必ず介護の認定がおりる保証はなく、認定されなければ手続きは無駄となってしまう恐れがあるからだろう。
しかし介護の認定度、工事内容によっても違うが9割ほど援助してもらえるので可能性があればやっておきたい手続きである。
親の近くに住み、仕事も自宅でしているのでここまでの手続きができたが、そうでなければとてもここまでの手続きは難しいように思う。
また工事業者も手続きが大変でやりたがらない場合もありえる。
行政書士が、こういったお手伝いもできるのではないかと思います。
必要な際はご相談いただければと思います。

介護保険の手続き

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mino

Author:mino

リンク
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。