スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が育つ会社づくりこそが企業発展の道

強い組合。自主的に始業前に業務改善すると会社の犬と呼ばれる。
会社はもうかっていないとしか言わない。数字の話がない
成熟 → 衰退企業

ルールがない。社員のやりがいもない。
自動化、機械化により使い捨て
自発性と創意性が必要。

「労使見解」との出会い
労働者を自分の会社の社員として読む。
役員が会社を私物化。
昼礼を行い、社員に直接具体的な数字で会社の現況を説明。

経営理念や経営指針を作っても会社がちゃんとしていないとダメ。
独立自尊 ↔ 自己否定・他社依存

職能資格制度 人事考課との連動
自主的な資格取得 ・ 民主ー労働環境・分配率 ・ 相互尊重-力を発揮してもらいたい
能力に合った仕事 面接 将来したい仕事 伸び代がない
賃金体系 = 経営資源

月次決算 課題の進捗状況
社会貢献性のある仕事 社員のやりがい 社会的に必要な会社か
道徳的な言葉でごまかさない
自己資本比率は30%に 人時生産性5,000円 還元率50%こえない

大至急-いつまで?
最も効率的な分業を行う。
社員が目標を設定。

現場に行ってクレーム内容を探る。 トラブルがどうしておこるか理解する。
経営計画を作っても進まない。 課題の具体化、細分化。

経営指針に書いたことしかやらない。毎月到達点を確認。
Plan Do Check Action
ひとりひとりの役割が会社に貢献していると思えるか。

スケジュールに入れる。
経営者は財務諸表が読めるように。

交通ガードマンの会社
生活保護 話を聞く 相手を理解する

㈱ヒロハマ
経営理念
・缶パーツとその関連技術を通じて、缶の社会貢献を全面的に支援しよう
・一人一人の持つすべての能力を、ともにベストの形で花開かせよう
スポンサーサイト
プロフィール

mino

Author:mino

リンク
ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。